当院のインプラントに対する姿勢

2016-02-21

私はインプラントとかかわって、もうずいぶんになります。その間インプラントの進化もじっくり見てきました。現在のインプラントは、ほかの研究者たちも言うとおり、避けて通れない確立された一つの治療法だと思っています。しかし、反面、インプラントが最高で最善の治療ではないと思っています。外科的侵襲のある以上、ほかの手段で治療が困難な場合、インプラントは初めて検討の舞台に上がってくると思います。高齢化社会で、欠損治療が多くなればなるほど、インプラントの出番は多くなりますが、私たち歯科医師は、冷静に症例を検討していかねばなりません。また最新のテクニックと知識を得るために、絶え間ない研修が必要なことは言うまでもありません。インプラント

Copyright(c) 2016 京都市北区の矯正、インプラント、予防歯科、小児歯科なら中野歯科医院 All Rights Reserved.